知の市場

 
 
 
 
 

HOME > 応募方法

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

共催講座応募方法

共催講座応募方法

応募者は知の市場のホームページ及び受講する科目の開講機関のホームページに示された諸規定を確認しこれら全てについて了承のうえ、次の手順に従って共通受講システムを介して受講応募申込を行う。

PDF版 応募方法に関する規定

知の市場共通受講システムのの受講者IDは、開講機関によらず共通です。

1.受講者登録
(1)受講応募申込をはじめて行う場合には先ず受講者登録を行う。既に受講者登録が済んでいる場合には受講したい科目の応募申込を当該科目の開講機関のホームページから直接行う。

(2)受講者登録は、開講機関や開講科目によらず共通であり、知の市場ホームページの共通受講システムから行う。

(3)知の市場ホームページにある理念と運営に賛同し、活動実績や講座の概要を理解したうえで、知の市場ホームページにある応募受講条件や応募方法などに関する諸規定を了承し、全て自己責任であることを承知した上で受講者登録を行う。

(4) 受講者登録は、知の市場ホームページの共通受講システム(受講者登録)画面から行い、必要事項を入力する。なお、入力情報に不足がある場合には次の画面に進めない。

注1:共通受講システムの利用にはGoogle Chrome (Google)、Internet Explorer(Microsoft)、Firefox(Mozilla)のブラウザが必要であり、他のブラウザでは機能しない。
注2:共通受講システムの画面は、internet explorerの設定によっては表示されないことがある。その場合、ツールバーにある「ページ」タブ中の「エンコード」を選択し、「自動選択」を選択したうえで該当ページを再度読み込む。

(5)同一人による受講者登録は1回限りとし、複数回の登録は認められない。登録の重複があったときには、知の市場事務局の判断により、これらを削除し、以降の受講者登録は認めない。

(6)受講者登録に際して設定する受講者IDとパスワードは、受講科目応募申込のほか、受講時に講義資料のダウンロードやレポートの提出などを行うためにも必要である。パスワード及びその他の受講者情報は適宜変更可能だが、受講者IDは一旦登録したIDを継続して使用することになる。

(7)受講者登録に用いる電子メールアドレスは添付ファイルの受け取りが可能なものとし、携帯電話アドレスは使用できない。

(8)受講者IDとパスワードは受講者が自らの責任において厳重に管理することとし、知の市場事務局や開講機関などは原則としてこれらに関するいかなる問い合わせに対しても回答しない。受講者IDやパスワードの管理が不適切な者の登録は抹消し、以降受講者登録を認めない。

(9)受講者登録をした者は毎年3月中に登録内容の更新を行う。また、所属、住所などの受講者情報に変更が生じた者は、すみやかに登録内容を更新する。更新はログイン後「受講者情報」で「編集」をクリックして修正する。受講者情報の変更か生じたのち1ヶ月以内に登録更新を行わなかった場合には登録を取り消すことがある。

(10) 受講者による受講者IDやパスワードの漏洩などの結果発生するいかなる事態も受講者の責任に帰するものであり、知の市場事務局、開講機関、連携機関、講師など知の市場にかかわるいかなる機関や個人も一切その責任も負わない。

応募申込

受講科目の応募申込

(1)受講者登録が済んでいない場合には、受講科目応募申込に先立って共通受講システム (受講者登録)から受講者登録を行う。

(2)受講科目応募申込は、受講する科目の開講機関のホームページの共通受講システム(受講者ログイン)から受講者IDとパスワードを入力してログインして行う。

(3)知の市場ホームページにある理念と運営に賛同し、活動実績や講座の概要を理解したうえで、知の市場ホームページにある応募受講条件や応募方法などに関する諸規定を了承し、加えて受講する科目の開講機関のホームページにある諸規定を了承し、全て自己責任であることを承知した上で受講科目応募申込を行う。

(4)受講を希望する科目を選択し、応募動機を記入して、受講科目応募申込を行う。

注1:共通受講システムの利用にはGoogle Chrome (Google)、Internet Explorer(Microsoft)、Firefox(Mozilla)のブラウザが必要であり、他のブラウザでは機能しない。
注2:共通受講システムの画面は、internet explorerの設定によっては表示されないことがある。その場合、ツールバーにある「ページ」タブ中の「エンコード」を選択し、「自動選択」を選択したうえで該当ページを再度読み込む。
「自動選択」を選択しても表示されない場合は、「Unicode(UTF-8)」を選択して再度読み込む。

【留意事項】

(1)知の市場共通受講システムの使用方法については「知の市場共通受講システム使用説明書 応募者用」をご参照ください。